平安時代の貴人の怨霊(八所御霊)を祀り疫病災厄から都を守る神社   御所の産土神

還幸祭

還幸祭

還幸祭についてのお知らせと予定

平成29年度還幸祭は5月21日(日)です!
宵宮は5月20日(土)です

今年は午前10時に一斉に神社を出ることと致しました。寺町通に本来の姿に近い神幸列が配列されての出立となります。午前9時45分より鳥居前にてお祓い、祝詞奏上の後、御来賓のご挨拶など神事と式典を執り行いますので、是非ご参拝下さい。
還幸祭についての詳細はこちら↓をご覧下さい!
平成29年度 下御霊つうしん


平成29年度 鳳輦列神輿列 巡幸図



還幸祭写真コンクールを開催します!
還幸祭の写真コンクールを開催します。
神社、氏子総代会にて審査の上、入選作品を選びその内、
金賞、銀賞、銅賞1名ずつを授与し粗品を進呈致します。
(金賞の方の写真は来年度のポスターに使用させていただきます。)
応募期間 平成29年6月1日~15日
展示期間 平成29年6月24日~7月6日

''詳細についてはこちらへどうぞ"→還幸祭写真コンクール

一年に一度御祭神の御分霊が鳳輦や神輿にお乗りになって氏子区域を巡幸され、それを氏子さんがお迎えしお送りすることによって災いを祓い清め、地域に安泰をもたらす祭礼です。
古来より盛衰を繰り返しながら継承され、中世には祭儀の盛大な様子が記されております。維新前までは仙洞御所及大宮御所の御門前に神輿を奉安し、御門内より御拝覧あって白銀御奉納あらせられ、神主奉幣の儀を行う事が恒例でありました。

戦後間もなくして担ぎ手不足などにより行列だけの巡幸となりましたが、神輿巡幸を復活させようと氏子有志の努力により平成7年には若宮神輿が氏子区域を巡幸するに至りました。祭礼日も社会情勢に合わせて5月の第3か第4土日曜日に致しまして、地元の方々のご協力を得て斎行しております。
神社の境内と門前の寺町通の東側(丸太町~二条)には両日とも露店が80軒ほど並び、今も昔と変わらず多くの人で賑わいます。

 主な祭器

  • 鳳 輦    大正12年に当時の社司出雲路通次郎が設計監督して神坂雪佳などの京都の名工たちに嘱して新造したものです。
    鳳輦
  • 猿田彦神輿  明和7年(1770年)後桜町天皇などの御寄付による神輿で神幸列の先導役です。延宝4年(1667年)明正天皇の御寄付になる猿田彦神面を納めております。
  • 剣 鉾    悪霊を鎮める為の祭具で神幸列の先頭辺りを行きます。江戸時代に歴代天皇から御寄附された8本を氏子内の鉾町が維持してこられ、現在では午前は主に扇鉾、菊鉾、葵鉾が、午後は枝菊鉾が巡行します。
  • 大宮神輿  宝永6年(1709年)に東山天皇の御寄付による神輿を本体として修復を重ねた京都金工の粋を集めた名作です。台輪(土台)が五尺六寸(170センチ)という全国でも最大級の神輿です。現在は諸事情により巡幸復活には至っておりませんが、御旅中は拝殿に奉安されております。
    大宮神輿
  • 若宮神輿  宝永大火以降に加茂川より東の狭い道の多い地域用に作られた神輿で、寛保3年(1743年)に改造して全区域を廻るようになりました。台輪(土台)四尺七寸(142センチ)でこれだけでも堂々とした金銅装方形神輿の体裁を整えています。
    若宮神輿
    左)若宮神輿 右)大宮神輿

平成28年度は5月22日です。

鳳輦列巡幸

  午前10時に神社を出て氏子区域の東を廻り一旦神社に帰着。
  午後2時から西を廻り5時に帰着する予定。
鳳輦 剣鉾・真榊・猿田彦神輿・幸鉾

威儀組
↑写真をクリックすると拡大します

神輿列巡幸

  午前10時に神社を出て午後6時ごろ帰着する予定。

初心者をはじめ多くの氏子の皆さんのご参加を募集致しております!
差し上げ
平成29年度 鳳輦列神輿列 巡幸図



a:11863 t:2 y:13

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional