平安時代の貴人の怨霊(八所御霊)を祀り疫病災厄から都を守る神社   御所の産土神

地下水について

手洗舎の地下水について

手水舎の井戸を復活致しましたところ、お参りの方から美味しい御水との評判が口コミで広がりまして、近所の方のみならず遠方からわざわざ戴きに来られる方がおられます。京都御所(御苑)の地下水で定期的に検査を致しておりますが、夏場は念の為に煮沸してから飲用していただく事をお勧めします。

しかしながらあくまでもお参りをする際に心身を清めるための御水ですので、以下の事をお守り下さいますようご協力をお願い致します。

ご注意下さい

区域にある御所南小学校の子供たちが毎年井戸水について学びに参ります。

宮司の説明

地下水を使って仕事をしている職業は?
思いつくだけ言ってごらん。

水位が下がり今や貴重になった地下水は大切にしなければなりません。また同時に水道水も大事にしなければなりませんね。






井戸水について次のような社伝がありました!

江戸時代の明和七年(1770年)の秋は京の市中が旱魃(かんばつ)に見舞われました。
当時の神主(第三十八代) 出雲路定直が夢のお告げにより境内の一か所を掘らせたところ、清らかな水が沸き出でて涸(か)れることなく、万人に汲ませることができ、「感応(かんのう)水」と名付けられたとのことです。
今はこの井戸の痕跡は全くありませんが、現在の井戸水も同じ水脈であります。
皆様とともに大事にしていきたいと存じます。



a:5760 t:1 y:5

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional